適応障害 とは(症状・治療・休職など)


B なりやすい人


適応障害になりやすい人「まじめでいい人」

 「まじめな人」「いい人」ってどんな人?
 つまり、「常識」や「慣習」、「調和」を大切にする人。
 ただ、その程度がちょっと「行き過ぎたり」「本来の自分とギャップがあり
 過たり」して、その処理がうまくできないと・・・

 【広告】
  ・心を癒し、強くするテキストとメールサポート

   ・職場の人間関係力改善プログラム 

・頼まれると理由がなければ断ら(れ)ない
・人がいる時には優先席には座らない
・人前で「おなら」「げっぷ」はしない
・年長者には常に敬語。冗談も遠慮がち。
・他にやる人がいなければ、深夜の2時でも
 3時まででも仕事をする。
・下ネタは嫌い
・飲み会で人の悪口を言うのも聞くのも嫌い
・ギャンブルは嫌い

まだまだありますが、上に書いた性格は全て
僕の性格です(^^

自分で自分のことを「まじめ」と書くのは、憚(はばか)られますが、世間
一般的に言えば、面白味のないまじめな性格だと自分では思っています。

こういうマジメさに加えて、ストレスを感じやすい人(または耐性が低い人)は、適応障害になりやすい人だと言えると思います。

あくまでも、たとえ話ですが、自分を例にします。
「先輩にパチンコに誘われた」とします。

転職前の僕:「(実際に忙しかったので)仕事終わらないのでいけません」
転職後の僕:「嫌いなんですけど、1千円だけやってみましょうかね」

という風な感じでやり取りがなされてました。(あくまでも例です)

転職前の僕は、「本来の自分」らしく行動しているので、ストレスフリーです。
転職後の僕は、「本来の自分」らしくなく行動し、ストレスをためています。
しかも、それを、うまく処理できずにいました。

ここで、先輩と少し仲良くなれたなーとか、パチンコってこんなもんなんだなー
とか、違う視点で物事を捉えられる、やわらかな思考の持ち主は、あまり
適応障害についての、心配はいらないと思います。

適応障害になりやすい人というのは、もう少し、近視眼的な見方をしがちで、物事は「良い」か「悪い」しかない等、二元論的な見方をします。
パチンコして時間とお金の無駄だったとか。。。

ところで、ギャンブルする人は、ふまじめという意味ではありませんので、誤解なきようにお願いします。

 次へ C適応障害チェック


【絶対おススめの本】

適応障害の診断を受けた後、
適応障害を理解するために、
色々と情報を得ようとしました。

しかし、「単なるうつ状態」や
「うつ」とも違う症状や、気持を
適切に表現しているサイト・
本に巡りあえずにいました。

でも、この本に
僕は救われました。

僕の症状・気持全てを表現
してくれていた本でした。
全てに納得しました。

・環境がかわり、なんだか
 最近調子が悪い方も、
・適応障害と診断された方も、
・周りに適応障害の人が
 いる方も、

皆さんに読んでほしいと、心から
思っています。


マジメすぎて、苦しい人たち
クヨクヨしない、へこみにくい、小さなことで不安にならない性格を作り、「適応障害」を乗り越えるための具体的方法を解説。
【目次】
序章 みんなツライ思いをしていた!
第1章 このつらさって「適応障害」だったんだ!/
第2章 マジメすぎて苦しくなる本当の理由/
第3章 「適応障害かも?」と思ったら/
第4章 ストレスに強い「自分」の作り方/
第5章 周りの人たちへ?身近な人が心の病気で苦しんでいた
inserted by FC2 system