適応障害 とは(症状・治療・休職など)


2. 適応障害になったら


少しでも疑いがあればまずは受診です!
適応障害になったかどうかというのは、お医者様じゃなければわかりません。


ただ、お医者様も、受診してもらわなければ、やっぱりわかりません。

適応障害になったかどうかなんて、
自分ではわかりません。

ただ、極端な話、病名は何であっても構わないと思います。

風邪を引けば、市販の風邪薬よりもお医者様にかかった方が、早く治りませんか?

できるだけ早いタイミングで、
正しく判断してもらい、適切な
治療を受けることが近道です。

私は、最初に心身の異変に気づいてから、3カ月後に初めて、
心療内科を受診しました。
それでも、お医者様に「早く来てよかったですね」と言われました。

しかし、処方された薬を飲むことをためらい、継続しての受診もやめ、
さらに3カ月後に、再度、別の心療内科を受診することにしました。

結果、その1カ月後には、休職することになってしまいました。

早めの受診、早めの適切な治療が、極めて重要だという事です。

 次へ @まずは精神科・心療内科を受診


【絶対おススめの本】


適応障害の診断を受けた後、
適応障害を理解するために、
色々と情報を得ようとしました。

しかし、「単なるうつ状態」や
「うつ」とも違う症状や、気持を
適切に表現しているサイト・
本に巡りあえずにいました。

でも、この本に
僕は救われました。

僕の症状・気持全てを表現
してくれていた本でした。
全てに納得しました。

・環境がかわり、なんだか
 最近調子が悪い方も、
・適応障害と診断された方も、
・周りに適応障害の人が
 いる方も、

皆さんに読んでほしいと、心から
思っています。


マジメすぎて、苦しい人たち
クヨクヨしない、へこみにくい、小さなことで不安にならない性格を作り、「適応障害」を乗り越えるための具体的方法を解説。
【目次】
序章 みんなツライ思いをしていた!
第1章 このつらさって「適応障害」だったんだ!/
第2章 マジメすぎて苦しくなる本当の理由/
第3章 「適応障害かも?」と思ったら/
第4章 ストレスに強い「自分」の作り方/
第5章 周りの人たちへ?身近な人が心の病気で苦しんでいた
inserted by FC2 system